レスベラトロール含有赤ワインエキス末

2011年6月12日NHKで『あなたの寿命は延ばせる ~発見!長寿遺伝子~』が放映されました。
レスベラトロールは「長生きポリフェノール」として注目を浴びている成分で赤ブドウの皮や葉に多く含まれる強力なポリフェノールです。

通常、欧米諸国では動物脂肪の摂取量と高頻度にみられる冠動脈硬化疾患の死亡率の比率は比例しておりますが、フランスだけは高脂肪摂取量にも関わらず冠動脈硬化疾患の死亡率が低い、という現象がみられます。

この現象は「フレンチ・パラドックス」と呼ばれております。

レスベラトロールは「フレンチ・パラドックス」の要因がフランス人が愛飲し、消費量世界一を誇る赤ワインの健康成分によるものと推測されたことをきっかけに発見された成分で、様々な研究により現在までに下記のような効果が確認されております。

レスベラトロール の研究結果

抗がん作用

1997年に科学雑誌サイエンスのJangらはレスベラトロールが発ガンの初発期、促進期、悪性化の3段階すべてを抑制することを発表しており、その後イギリスのデ・モントフォート大学のゲイリー・ポッター教授らの研究でこの抗ガンメカニズムが解明されました。
ポッター教授らの報告では驚くべきことにレスベラトロールはガン細胞だけを死滅化し、健康な細胞は元気なまま残す、という結果が確認されております。

老化の抑制効果

2003年に科学雑誌ネイチャーで米ハーバード大学医学部の研究チームはレスベラトロールに寿命を延ばす働きがあることを発表しました。
この発表によるとレスベラトロールはSir2という酵素を活性化することによって加齢とともに短くなっていくテロメアDNAの寿命を延ばすことが確認されております。
また、Baurらの研究チームのマウスによる実験でも長寿に関する有意な結果が確認されております。

痴呆症の改善

1998年にLemeshowらの研究チームはワインの摂取と痴呆症の発症について3年間にわたる調査を行いました。
その結果、65歳以上でワインを250cc以上飲んでいる人が痴ほう症になりにくいというデータが示されました。
その後のMarambaudらの研究により痴呆症のリスク低減を促す物質の1つがレスベラトロールであることが明らかになりました。

NHK特集
『あなたの寿命は延ばせる ~発見!長寿遺伝子~』

2011年6月12日に放映されたNHK特集の概要です。

平均寿命が延びる??

2000年に酵母より発見された「サーチュイン遺伝子」は、老化を遅らせ、寿命を延ばす働きがあることが分かりました。サーチュイン遺伝子は、誰もが持っており、うまく働かすことができれば、平均寿命は100歳を超えるといわれています。

サーチュイン遺伝子の働き

その後、サーチュイン遺伝子は、地球上のほとんどの生物が飢餓対策として獲得した、寿命を延ばす生物共通の働きであることが分かりました。サーチュイン遺伝子のスイッチがオンになると、体の中で指揮者のように働いて、100近くの老化要因を抑える結果、肌・血管・筋肉・骨・脳など様々な器官が若く保たれ、寿命が延びると考えられています。

サーチュイン遺伝子の活性化

サーチュイン遺伝子は万人が持っているものの、普段は眠っていて働いていません。米国・ウィスコンシン大学がアカゲザルを使用して、20年間に渡り臨床試験を行なったところ、エサを30%減らしてカロリー制限することによって活性酸素の発生を抑え、サーチュイン遺伝子が活性化することが分かりました。それにより寿命が20~30%延びることが確認されています。
人間でも全米に会員約5000人がいるカロリー制限協会の実験で、カロリー制限をすることにより、血管が実年齢よりも若くなることが実証されています。また運動をすることでもサーチュイン遺伝子が活性化することが明らかになっています。

レスベラトロールとサーチュイン遺伝子

レスベラトロールを摂ることにより、食事のカロリー制限を行った時と同様にサーチュイン遺伝子の働きが高まることが実験で判明しました。
サプリメント先進国である米国ではレスベラトロールを摂取することが日常化しています。

レスベラトロール含有原料「赤ワインエキスR5」

この原料の特徴は次の3つになります。

「初夏の日照時間が15時間を超える南仏ローヌ渓谷で収穫される黒葡萄に厳選」
「OPCを作る発酵工程」
「特殊な分離抽出法で、トランス体レスベラトロールを中心に健康成分を抽出」

この原料は、レスベラトロール 5%以上、OPC 40%以上、総ポリフェノール 40%以上含んでおり、赤ワインに豊富に含まれるポリフェノールが凝縮されている機能性原料です。

安心安全の証「ナチュラルメディシン・データベース」に登録されました

アメリカのFDA(食品医薬品局)やNIH(国立衛生研究所)をはじめ、欧米各国などの国家行政機関も公式採用している、科学的根拠に基づいた健康食品のデーターベース「ナチュラルメディシン・データベース」で、「赤ワインエキスR5」の安全性が認められました。

安全性が認められている機能性原料や、サプリメントのOEMをご検討している方にも、安心してご利用いただけます。

1日の推奨摂取量

メーカー推奨量:レスベラトロールとして1日5~35㎎

参考文献

Jang M, Cai L, Udeani GO, Slowing KV, Thomas CF, Beecher CW, Fong HH, Farnsworth NR, Kinghorn AD, Mehta RG, Moon RC, Pezzuto JM. Cancer chemopreventive activity of resveratrol, a natural product derived from grapes. Science. 1997;275(5297):218-20.
Potter GA et al., The cancer preventative agent resveratrol is converted to the anticancer agent piceatannol by the cytochrome P450 enzyme CYP1B1.British Journal of Cancer (2002) 86, 774-778.
Lemeshow S, Letenneur L, Dartigues JF, Lafont S, Orgogozo JM, Commenges D. Illustration of analysis taking into account complex survey considerations: the association between wine consumption and dementia in the PAQUID study. Personnes Ages Quid. Am J Epidemiol. 1998 Aug 1;148(3):298-306.
Marambaud P, Zhao H, Davies P. Resveratrol promotes clearance of Alzheimer's disease amyloid-beta peptides. J Biol Chem. (2005)280(45):37377-82.
Salafia SJ. Why wine is good for your brain, New Scientist magazine, 09 January 1999, 13
Miloso M, Bertelli AA, Nicolini G, Tredici G. Resveratrol-induced activation of the mitogen-activated protein kinases, ERK1 and ERK2, in human neuroblastoma SH-SY5Y cells. Neurosci Lett. 1999 2;264(1-3):141-4.
Tredici G, Miloso M, Nicolini G, Galbiati S, Cavaletti G, Bertelli A. Resveratrol, map kinases and neuronal cells: might wine be a neuroprotectant? Drugs Exp Clin Res. 1999;25(2-3):99-103.
Harada N, Zhao J, Kurihara H, Nakagata N, Okajima K. Resveratrol improves cognitive function in mice by increasing production of insulin-like growth factor-I in the hippocampus. J Nutr Biochem. 2011 Feb 4.
Howitz KT et al., Small molecule activators of sirtuins extend Saccharomyces cerevisiae lifespan. Nature. 425: 191-196.
Baur JA et al., Resveratrol improves health and survival of mice on a high-calorie diet. Nature. 444(7117):337-42. (2006)

赤ワインに含まれるレスベラトロール

グラス1杯に含まれるレスベラトロールの量はそのブドウの産地や品種によっても大きく異なりますが、ワイン1ℓの中に0.2㎎~5.8㎎含まれています。ワイン1杯=100CCと換算した場合、レスべラトロール量は0.02㎎~0.58㎎となり、5㎎のレスべラトロールは8.5~250杯に相当します。(国産の赤ワインのレスベラトロール含量に関しては平均で1リットル中に約1mg検出されたというデータもあります)

推奨量を満たすためには1日当たりグラス8.5杯以上もの赤ワインを摂取することになりますが、赤ワインには当然アルコールが含まれておりますので健康のためにはサプリメントなどで補うことがおススメです。

赤ワインエキスR5 資料

※本ページは原料メーカーである株式会社アンチエイジング・プロからの情報を元に作成されています。